ハッピー婚応援コラム|世界平和青年学生連合

2016年02月05日

ハッピー婚応援コラム Vol.2 「『聞き上手』『褒め上手・褒められ上手』になろう」


 多くの人は、結婚相手に求める条件や理想が高く、さらに条件のいい人、運命の人を探し求めます。しかし、理想や欲というものは追い求めるほどさらに高くなり、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。


 婚学を推進している九州大学の佐藤剛史助教は著書『結婚できる「婚学」教室』の中で、身に付けるべきは「自分を幸せにしてくれる高収入の相手を探す力」ではなく、「信じた相手と幸せになる力」「信じた相手を幸せにする力」であると指摘しています。


 つまり、どんな相手と結婚するのかよりも、どんな家庭を築くのかという問いかけがもっと重要なのではないでしょうか?


 夫婦・家庭の満足度を高める上で礎となるのは信頼関係であり、コミュニケーション力、会話の量や質を高めることです。


 その中で大切なポイントは「聞き上手」「褒め上手・褒められ上手」になることです。自分の自慢話が多い人は相手に引かれてしまいます。相づちを打ち、褒めてあげ、質問を投げかけながら相手の話を深く掘り下げていく。そして時には多過ぎず、上から目線ではないアドバイスも入れながら話すことで相手との会話に一体感が生まれます。


 結婚準備中であれ、既婚であれ、幸せな家庭の礎となるコミュニケーション力をアップするためにできることを今日から一つずつ実践してみましょう。

posted by Happy.Y at 14:21| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

ハッピー婚応援コラム Vol.1 「結婚する価値」


結婚はバラ色の人生だという理想はあっても現実は「墓場」であるといわれるように、

結婚に対してネガティブなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?


今回はそのイメージを変えてくれる希望的な調査結果をお届けいたします。


結婚式情報サイト『みんなのウェディング』が実施した「結婚に関する意識調査」によると、

既婚男女 600人のうち92.8%、離婚経験のある男女300人のうち72.3%もの人たちが

「結婚する価値がある」と答えています。


結婚する価値がある理由として、同サイトでは「一人でなく二人で生活していく。子供ができれば家族になる。価値観などの自分の枠が広がっていくことで、人は成長していくから」

「子供を持つことで分かった親の気持ちなど、その立場になってこそ理解できることがたくさんあるので、人間としての幅が広がると思うから」といった理由が挙げられていました。


結婚とは不自由なものだけでなく、人が成長するために必要な過程であり、自分の努力次第で喜びを得ることができるものではないでしょうか。

結婚前の準備、結婚後の生活がより一層充実したものとなるよう、希望を持って自分磨きに力を入れていきたいですね。

posted by Happy.Y at 15:46| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ハッピー婚応援コラム|世界平和青年学生連合 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート